【中村天風先生の教え】心が完全でないと命そのものが不完全となる

 

 

みなさん、こんにちは!ターチです。

 

今日は天風先生の「心が完全でないと命のそのものが不完全となる」ということをテーマに書いていきます。

 

このことはみなさん自身、ものすごくよくわかるという人と、いや全くわからないという人と二つに別れると思います。

 

 

これは、人生においてただなんとなく生きている人と、いつも何かに挑戦し続けている人との違いに現れると考えられます。

 

 

ただなんとなく生きていると、心自体の存在にまず気づかないでしょう。自分がいまどういう意思で動き、何を考えたからこういう結果になったということを考えないわけですから、心自体の存在に気づきにくいでしょう。

 

一方で、いつも何かに挑戦し続けている人は、心の動きに注意を払っています。この悩みは何が原因で、結果として何が起こるかということを観ています。もちろん全ての挑戦する人がそうではないかもしれませんが、何もしていない人よりも自分の内側を観ているでしょう。

 

 

別にだからと言って、常に挑戦しろと言っているわけではありません。

 

ただ、人生を常に価値高く生きようとしている方が、自分の心と向き合えます。そして今回のテーマである「心が完全でないと命そのものが不完全となる」ことを深く悟れると思うのです。

 

『君に成功を贈る』(中村天風著 日本経営合理化協会 出版局)の中で天風先生はこう述べられています。

 

 

「食って飲んでたれて、寝て起きて、呼吸するだけで人間は一様にそれで生きているんです。文化人であろうと野蛮人であろうと。しかしそうすることで、『一体どういう理由で、なぜ生きてられるんだろう』って考えたことおありですか。」

 

 

 

人間は、肉体をどれだけ鍛えても、不完全であるということです。心が完全に機能しない限り、肉体にも影響を及ぼすので、心を鍛えないといけないということを天風先生はおっしゃられています。

 

 

私たちは、現代において食べ物に関してはこれを食べない、あれは食べないと言いますが、心に取り入れるものに関して非常に鈍感です。

 

特に最近話題になっているSNSの誹謗中傷記事の問題。これは流す方も悪いと思います。ある程度の規制をしないと判断できない未成年の人たちは見てしまいます。

 

ですから私たちは意図的に、そのような心に悪影響を及ぼすものから遠ざからないといけないということです。

 

未成年のお子さんがいる場合には、親が指導してあげることが重要でしょう。

 

 

このようにして、心にとっても悪いものを避け、なるべくいいものを取り入れるように心がけるべきなのです。

 

 

私たちの心は本当に繊細にできていて、いいことが100個あっても、悪いことが1個でもあるだけで気になってしまうものです。

そして今度、悪いものに関して気にしだすと、意図が入ってしまうので、悪い結果を現象として観てしまうことになります。

 

 

ですから、悪いもの取ってしまったとしても、意図的にいいものを観るようにして、自分の心を整える必要があります。

 

 

普段、肉体ばかりに目を向けている人は、一度心にも目を向けて観てくださいね!